プロフィール

外資系のトップセールスマンを経て、大好きだった宝石の会社を立ち上げる。


幼少の頃から直感力が鋭く、宝石を通して様々な神秘的な体験をし、宝石を装飾品から必需品にしたいという思いから"人と宝石との間に立つ"役割を日々研鑽しています。


カテゴリ

この月の最新記事

アーカイブ

携帯電話からの
アクセスはこちら

1 (1/1)
2012年7月

『ルビー No.2』

2012年7月17日 10:05 | トラックバック(0)
その昔、石炭の燃えさかる炎をルビーにオーバーラップさせ、ギリシャでは「アンスラックス」、ローマでは「カルブンクルス」と呼称していました。 いずれも「燃えさかる石炭」と言う意味でした。マルボドゥス(11世紀)も著者『宝石について』の中で「どんな燃え輝く石よりも、 ...
続きを読む:『ルビー No.2』
1 (1/1)