プロフィール

外資系のトップセールスマンを経て、大好きだった宝石の会社を立ち上げる。


幼少の頃から直感力が鋭く、宝石を通して様々な神秘的な体験をし、宝石を装飾品から必需品にしたいという思いから"人と宝石との間に立つ"役割を日々研鑽しています。


カテゴリ

この月の最新記事

アーカイブ

携帯電話からの
アクセスはこちら

1 (1/1)
2018年1月

『不安や恐れを払い、勇気や情熱を与え夢を実現するルビー』

2018年1月 9日 18:40 | トラックバック(0)
古代インドでは「ラトナラジュ(宝石の王)」と呼ばれて崇められていたというルビー。その名前は、ラテン語で「赤」を意味する「rubeus'」から来ており、ヨーロッパでは昔から、血や炎、情熱を象徴し、持った人に勇気と威厳をもたらす石と信じられていました。とくに兵士の ...
1 (1/1)