プロフィール

外資系のトップセールスマンを経て、大好きだった宝石の会社を立ち上げる。


幼少の頃から直感力が鋭く、宝石を通して様々な神秘的な体験をし、宝石を装飾品から必需品にしたいという思いから"人と宝石との間に立つ"役割を日々研鑽しています。


カテゴリ

この月の最新記事

アーカイブ

携帯電話からの
アクセスはこちら

1 (1/1)
2018年12月

『酒酔いを防ぎ、精神の平穏をもらたす石 その2』

2018年12月11日 10:30 | トラックバック(0)
中世ヨーロッパでは、その紫色ゆえに謙遜の石といわれた。また、キリスト教の司教たちがアメシストの指輪をつける習慣があったので「司教の石」ともいわれ、愛、真実、情熱、受難、希望を表すアメシストは、男性の宗教的献身のシンボルとされた。さらに、イエス・キリストの11番 ...
1 (1/1)