プロフィール

外資系のトップセールスマンを経て、大好きだった宝石の会社を立ち上げる。


幼少の頃から直感力が鋭く、宝石を通して様々な神秘的な体験をし、宝石を装飾品から必需品にしたいという思いから"人と宝石との間に立つ"役割を日々研鑽しています。


カテゴリ

この月の最新記事

アーカイブ

携帯電話からの
アクセスはこちら

1 (1/1)
2019年11月

『明治天皇の護身符』

2019年11月12日 10:25 | トラックバック(0)
山梨県の御岳桜神社の神宝は、大きな水晶の銘玉2個と、「水の玉」白色透明の水晶3個と、「火の玉」薄茶色透明の水晶2個、それぞれ美しい水晶でした。このうち大きな銘玉2個を、名工が4年がかりで磨き上げ、径六寸と五寸七分の美しい水晶に仕上げ、明治6年、オーストリアのウ ...
1 (1/1)