プロフィール

外資系のトップセールスマンを経て、大好きだった宝石の会社を立ち上げる。


幼少の頃から直感力が鋭く、宝石を通して様々な神秘的な体験をし、宝石を装飾品から必需品にしたいという思いから"人と宝石との間に立つ"役割を日々研鑽しています。


カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

携帯電話からの
アクセスはこちら

 

『キャッツアイ』

2020年6月 9日 10:34 | トラックバック(0)
猫の目に似ている事から名づけられたキャッツアイ。
可愛く甘ったれた時の猫や、怒った時の猫など、猫には様々な表情があります。
そんな人の心を惑わす猫の目とキャッツアイは、共に魅力的な存在です。

キャッツアイは茶や緑や黄色の中央をさえぎる白い閃光の帯がきれいに輝く石。
一筋の帯がシャープに入っているほど高価だと言われています。

そして神秘的な猫のように、キャッツアイは持ち主に驚くほどの幸運を与えるとか。
ローマ時代の女王アダマスは、一般庶民から皇帝の妃になりました。
彼女が子供の頃から大切にしていた石がキャッツアイ。

また、キャッツアイは持ち主に近づく悪魔を睨み返す目でもあるとか。
幸運にも悪運にも強い騎士のような宝石。。。


「ジュエリーブック」 (ナツメ社 COCORO CAMPANY)より一部抜粋

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shachoublog.jp/system2/mt-tb.cgi/169