プロフィール

外資系のトップセールスマンを経て、大好きだった宝石の会社を立ち上げる。


幼少の頃から直感力が鋭く、宝石を通して様々な神秘的な体験をし、宝石を装飾品から必需品にしたいという思いから"人と宝石との間に立つ"役割を日々研鑽しています。


カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

携帯電話からの
アクセスはこちら

 

『サファイア エドガー・ケイシーのリーディング その1』

2020年12月15日 11:21 | トラックバック(0)
サファイアは貞節な愛を表し、女神ヴィーナスに結び付けられている。
夫や妻が不貞を働くと、光沢が失われる。持ち主を邪悪な思いから守る。
その光線の力は、ありとあらゆる有毒な生物を殺した。
よこしまな人間が持っても輝かなかったという。


「薬効」

サファイアは初期の医療では有名な石だった。
これを粉にすると、出血を止め、眼病やできもの、傷を治すと信じられた。

ペンダントにして、熱や発作、錯乱の治療薬として使われた。
心臓を強め、毒を消し、血を清め、視力を矯正した。

サファイアの指輪は知恵と同情を与えると言われた。
災害が迫ると白く変色し、危険が去るまでその色を変えなかったと伝えられる。


次回へ続く・・・。



「宝石の神秘力」 (著:林陽)より抜粋

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shachoublog.jp/system2/mt-tb.cgi/172