プロフィール

外資系のトップセールスマンを経て、大好きだった宝石の会社を立ち上げる。


幼少の頃から直感力が鋭く、宝石を通して様々な神秘的な体験をし、宝石を装飾品から必需品にしたいという思いから"人と宝石との間に立つ"役割を日々研鑽しています。


カテゴリ

このカテゴリの最新記事

アーカイブ

携帯電話からの
アクセスはこちら

日記

『神功皇后の如意玉伝説』

2019年6月11日 09:42 | トラックバック(0)
水晶は日本の国石というだけあって、多くの伝説や神話が残されています。我が国で最初に登場した水晶の持ち主は、卑弥呼同様に神がかりで知られる、神功(じんぐう)皇后という事になっています。「日本書紀」によると、夫の中哀(ちゅうあい)天皇は、神功皇后に乗り移った神託を ...

『トパーズの微笑み その2』

2019年5月14日 09:55 | トラックバック(0)
古代ギリシャのアリストテレスも、「ダクティリオカ」に多くの指輪を入れて所有。彼はアレクサンダー大王の幼少期に3年間、教育係を務めた事でも知られる、古代の代表的な哲学者ですが、性格や風貌はかなり派手で、贅沢好みだったと言われています。彼の師であるプラトンは、そん ...

『トパーズの微笑み その1』

2019年4月 9日 10:02 | トラックバック(0)
トパーズが夜に光を放ち、金で細工するとその輝きが一段と華やかで明るい事から、「悪魔祓いになる」、「夜の恐怖心を取り除く」、特に、「孔(あな)をあけロバの毛を通して、左腕に付けておくと一番効き目がある」など、古代の著述家や神秘家の言葉となり浸透。夜熟睡すると肌に ...

『エメラルドと月との関わりについて』

2019年3月12日 09:34 | トラックバック(0)
エメラルドはエジプトの紅海に近い砂漠で最初に発見されたと言われている。クレオパトラは好みの大使にエメラルドを与え、シーザーは治療の為にこの宝石をたくさん集めた。産地のほとんどは南米である。エメラルドは嵐を静め、視力を戻し、記憶力を蘇らせると言われた。てんかん、 ...

『トパーズ』

2019年2月12日 10:30 | トラックバック(0)
トパーズは太陽を模したような宝石。サンスクリット語では火という意味に解釈されている。火や燃える太陽といわれるのは、宇宙の中でもエネルギーの源だからなのかもしれない。燦々と輝く黄金色の塊。大切に持っていれば、憧れの太陽のように、明るく元気になれるはず。エジプト人 ...
続きを読む:『トパーズ』